認定NPO法人「ミューズの夢」主催
通信芸術プログラム「kotori」開講のお知らせ

はじめに、新型コロナウィルス(COVID-19)に罹患された方々および関係者の方々に、心よりお見舞申し上げます。

 

私たち「認定NPO法人 ミューズの夢」は、<子供から大人までボーダーフリーに芸術に触れることのできる環境・機会をつくりたい>、そして<音楽やアートを通じて出会った仲間とともに、楽しみや生きがいを見つけていきたい>という願いのもと、2001年5月にスタートし、2002年8月に特定非営利活動法人の認証を受け、これまでに仙台市内のスタジオを本拠地とした個人レッスン・グループクラスの運営、また、主に宮城県内の教育機関や病院等にて訪問クラス・コンサートの開催等の活動を継続してまいりました。現在は生徒さんが63名、会員が150名以上の大きなファミリーとなり、おかげさまで、2019年12月には認定特定非営利活動法人として新たな一章を迎えさせていただきました。

 

2020年も桜の季節を迎え、本来でしたらミューズでも新学期をスタートしている時期ではありますが、新型コロナウイルス感染防止のため、すべてのレッスンや訪問活動を3月1日から6月1日迄 (4月6日現在*)休止いたしております。それに伴い今年3月に予定をしておりました「ミューズの夢発表会」も無期延期となりました。

 

急に訪れた休会。事態の収束が明確に見えないなか、活動休止が続くなかで私たちは考えました。日常の穏やかさが戻るまで、ともに芸術に触れることや表現することに夢中になる喜びを分かち合うことはできないか— 新しい音楽を学び、歌い、奏で、リズムにのって体を動かしたりできないか— アートプロジェクトを通じて、みんなでひとつのものを創造することはできないか— そのような一人一人の思いとイマジネーションが、創造力や実行力にむくむくと変わり kotori は生まれました。

kotori =小鳥は、生まれたときから歌をさえずり、その歌声とともに成長し、仲間と出会い、空を飛べるようになります。kotori は皆さんの心の中に在る、好奇心、夢、感性、優しさ、自由な発想、勇気、希望、などをイメージして名付けました。

 

わたしたちは、音楽を楽しんでいるとき、創作に夢中に励んでいるとき、気づかぬうちに目を輝かせ、いきいきしています。そして、楽しんでいればいるときこそ、みるみる上達しています。ひとりひとりが成長しながら、みんなでひとつのことに取り組む中で、協調性が育まれ、心身共に豊かな成長を遂げているのです。「ミューズの夢」では、様々な活動を通じ、学校や職場、家庭とは又違った、芸術に触れたときの純粋な喜びを分かち合える仲間との出会い、そして憩いの場となることを目指してきました。

 

今は、この予想もしていなかった苦境のなかで、大変驚かれ、心細く感じていらっしゃるかたも沢山いらっしゃることとお察しいたしますが、この通信芸術プログラム kotori が、皆さんのもとに新しい喜びを運んでくれますこと、そして、ともに成長してゆける、陽だまりのような時間となりますように。そして、皆さんの心の中の kotori がすくすくと成長し、芸術の空を、自由に羽ばたいてくれることを、わたしたちは夢みています。

 

kotori は、スタッフ、講師、ボランティアメンバー、携わる一人一人が心をこめて制作し、お届けいたします。

 

はじめてのことで不手際もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年4月
認定NPO法人 ミューズの夢

現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止の為の活動自粛・休会が続くなか、わたしたち「ミューズの夢」も厳しい経営状況に面しております。そのため、法人存続のために、今回クラウドファンディングを開設いたしました。多くの皆様にとってもご苦労が続いていらっしゃるなかで、誠に心苦しいお願いですが、お力をお貸しいただけましたら幸いです。

講師・スタッフ一同できる限りの努力を続けてまいりますので、応援をどうぞよろしくお願いいたします。

ここにお寄せいただいたご寄付は、制作費 (オリジナルグッズ制作費用+郵送費を含む)を抜いた収益の100% (全額)を、活動休止期間中(新型コロナウイルス感染防止のため)の、法人維持費に充てさせていただきます。ミューズのオリジナル缶バッジつきの2Way厚手コットンバッグは、3000円以上ご寄付いただいたかたに、御礼(Thank You! ギフト)としてお贈りさせていただきます。

法人維持費の内訳=休会中の春日町スタジオ家賃・基本維持費、施設・病院訪問と教育プログラムの再開準備費