ミューズの夢 | ミューズの夢コンサート「Dream of the World」
ハンディを持つ子どもたちのための 音楽と創作アート教室
仙台, 音楽教室, 障害, 子供, 子ども, 障がい, ハンディーキャップ, アート, 芸術, ミューズ, ミューズの夢
17239
post-template-default,single,single-post,postid-17239,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

ミューズの夢コンサート「Dream of the World」

2019年11月3日(日) 14:00~仙台市福祉プラザふれあいホールにおいて、ミューズの夢コンサート「Dream of the World」が開催されました。

トップバッターはトーンチャイム(市川人至親さん・須田明日香さん・滝村彩花さん・只野和輝さん・野口玲君・樋口光明さん)の演奏でした。3曲目の「主よ、人の望みに喜びを」(バッハ作曲)は保護者の方も参加されての二重奏で、トーンチャイムの優しく包み込むような音色は、バッハの曲にぴったりでした。コンサートに向けて親子で練習をし、舞台で共演をしたという経験は、かけがえのない大切な思い出となることでしょう。

2番手は星理子さんと伊藤光さんのピアノ連弾でした。いつもは、別々に個人ピアノのレッスンを受けている生徒二人が、今回のコンサートのためにコンビを組みました。曲目は「ハート・アンド・ソウル」(カーマイケル作曲)。息ぴったりの演奏で、弾むような軽やかな連弾は、何もかもが楽しくてしょうがなかった少年の頃、友達の家に遊びに行く時に思わず出てしまっていたスキップを思い出させてくれました。

そして次は、庄司彩夏さんのピアノソロで、曲はプーランク作曲の「エディット・ピアフを讃えて」でした。穏やかでしっとりとした曲を、よどみなく流れるように演奏しました。会心の演奏といえると思います。彩夏さんは演奏を終えて、ほっとしつつも、自分自身でも出来の良さを感じていたのか、気持ちが高ぶっている様子でした。本当に観客を魅了させる素晴らしい演奏でした。

休憩前の最後は、塩島有貴さんのエレクトーンソロで、曲は「宇宙戦艦ヤマトメドレー」でした。皆さん馴染みのある曲で、人類存命の望みを一身に背負い、イスカンダルへ向けて宇宙を航海するヤマトという壮大なスケールの物語を、迫力ある演奏で見事に表現しました。

休憩明けの最初は、昨年開催した「手作りヴァイオリン教室」に参加をして、初めてヴァイオリンを持った生徒たち(熊谷南那さん・子安佐和ちゃん・野口玲君・樋口光明さん・阿部亮太さん)と先生方等で「ドドドドーナッツ」の演奏でした。まだ、ヴァイオリンと弓を持って、開放弦で音を鳴らすことが出来るレベルではありますが、将来的には、この後登場する「ミューズの夢オーケストラ」のメンバーの一員となれるようサポートしていけたらと思っております。

そして、次が真打登場と言ってもいいでしょう。ミューズの夢オーケストラ(阿部大河さん・石山倫伊さん・岩佐勇太朗さん・氏家悠輔さん・大場一輝さん・小島隆寛さん・松岡えみりさん・小島庸寛さん・大場宏樹さん・高槻康介さん・千葉敏夫さん)の演奏でした。数々の音楽イベント出演の経験があり、ほどよい緊張感と自信を持って、素晴らしい演奏を数曲披露しました。個人的に一番印象に残っているのは、「見上げてごらん夜の星を」でした。優しいメロディーがヴァイオリンの音色にマッチしていて、メンバーの衣装が上下黒で上から優しく照明が当たっている光景が曲名とぴったりでした。

ミューズの夢オーケストラの演奏が終わると、ステージ・観客の高ぶりはそのままに、フィナーレへと向かっていきました。ミューズの夢オーケストラのメンバーがそのままステージに残り、ミューズの夢会員のプロの演奏家の方が加わり「ハレルヤ」を演奏。その演奏に合わせて、合唱クラス(浅野怜美さん・神保阿都子さん・中村美穂さん・八百屋元志さん)のメンバー・生徒・保護者・会員有志等で合唱しました。そして、フィナーレでは、生徒の夢を集めて詩をつくり、それに曲を付けた「ミューズの夢の歌」を出演者全員で大合唱。ハンディがある方ない方、大人の方子どもの方、男性の方女性の方、色々な方々がステージに上がり、ミューズの夢の歌を一緒になって唄うシーンは、まさにDream of the World!!上の写真はフィナーレの写真です。

また、隣の展示ロビーではアートクラスの生徒たち(阿部千穂さん・安倍靖裕さん・枝康介さん・𠮷岡琥珀さん・熊谷南那さん・佐藤正樹さん・千葉羽澄さん)が、制作した作品を展示したアートクラス展覧会が開催されました。沢山の作品が展示されましたが、毎回好評の油絵は、今回は花を描きました。沢山の方に観て頂き、作者を伏せてオークションに出したら数十万円の値が付くのではないかという感想があちこちで聞こえてきました。

今回、コンサートを盛会に終える事が出来ましたのも、保護者の方のご理解・ご協力と日頃からミューズの夢を応援して下さっている関係者の皆様のお陰だと思っております。本当にありがとうございました。