ミューズの夢 | 全国情緒障害教育研究協議会に「ミューズの夢オーケストラ」が参加
ハンディを持つ子どもたちのための 音楽と創作アート教室
仙台, 音楽教室, 障害, 子供, 子ども, 障がい, ハンディーキャップ, アート, 芸術, ミューズ, ミューズの夢
17231
post-template-default,single,single-post,postid-17231,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

全国情緒障害教育研究協議会に「ミューズの夢オーケストラ」が参加

2019年8月8日、9日の2日間、仙台国際センターにおいて、第52回全国情緒障害教育研究協議会宮城大会が開催されます。

「生きること・支えるもの・楽しむこと ライフステージを見通して学校教育を考えよう ~みんなでつなぐ・こころに目を向けることから始める情緒障害教育を~」をテーマにした大会で、情緒障害教育について主に話し合い形式で進行するシンポジウムになっています。

そこに、「ミューズの夢オーケストラ」が参加し弦楽アンサンブルを披露した後、「余暇活動の楽しみ方」をテーマに、演奏者のご家族の方等が参加するシンポジウムがあります。

一般の方も参加できるシンポジウムとなっております。内容の詳細や参加申込等は全国情緒障害教育研究会のHPをご覧ください。