ミューズの夢 | ピュアハーツアート展で仙台市長賞を受賞
ハンディを持つ子どもたちのための 音楽と創作アート教室
仙台, 音楽教室, 障害, 子供, 子ども, 障がい, ハンディーキャップ, アート, 芸術, ミューズ, ミューズの夢
17204
post-template-default,single,single-post,postid-17204,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

ピュアハーツアート展で仙台市長賞を受賞

アートクラスの生徒たち(安倍靖裕君・枝康介君・熊谷南那さん・佐藤正樹君・千葉羽澄君・𠮷岡琥珀君)で創作した合同作品と阿部千穂さんのアクリル画が、平成31年2月1日~2月6日にメディアテークにて開催された第22回ピュア・ハーツアート展で展示されました。

『パラレルワールド』と題した合同作品は透明なプラスチックのコップやカプセルを自由に組み合わせ、その中にお気に入りのセロファンやビーズなどを思い思いに詰め込んでカラフルな作品のパーツにしました。そして鏡の上に7色のワイヤーを螺旋状に巻き絡ませることで軽量なパーツを固定しました。この作品は外から見える世界の他にもう一つ、作品の底面に広がる鏡の中の世界を表現したかったそうです。今回、初めての出展となりましたが、見事に「仙台市長賞」を受賞しました。その時の講評をそのまま掲載します。

「色彩豊かに、様々な材料を用いられて構成されたこの作品は、未来都市を予感するかのように現代的でワクワクします。床の鏡が大変効果的です。」

また、自宅レッスンの阿部千穂さんは新たな画材に挑戦し、工夫を凝らした色彩コントラストで堂々と「丘の上の赤い屋根のお家」を描きあげました。