ミューズの夢 | 2017年度アートクラス展覧会
ハンディを持つ子どもたちのための 音楽と創作アート教室
仙台, 音楽教室, 障害, 子供, 子ども, 障がい, ハンディーキャップ, アート, 芸術, ミューズ, ミューズの夢
17066
post-template-default,single,single-post,postid-17066,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

2017年度アートクラス展覧会

2018年1月30日~2月4日の6日間、仙建ギャラリーにおいて、今回で5回目となるアートクラス展覧会が開催されました。

アートクラスの生徒たちが、基本的に月1回の教室で1作品つくり、1年間の活動で作成した作品を展示しました。

油絵の今年のお題は「花火」。描く前に花火の動画を観てイメージを膨らませ、各々の花火を描きました。何も説明されずに鑑賞すると、名の知れた画伯が描いたのではと思わせる見事な作品になりました。また、自分の体の形を段ボールで型取り、つなぎ合わせた等身大の作品は「分身の術」と題し、人気のコーナーになりました。他にも沢山のピンを刺し、それを輪ゴムで繋げた「輪ゴムアート」・各々小さめのトートバックに好きなようにスタンプをした「オリジナルバック」・共同で制作した、沢山の蚊取り線香に好きなように色を塗り、大きな紙に張り付けた「蚊取り線香渦巻きアート」等々、見どころ満載の展示となりました。

残念ながら、来客数は昨年と比べると減ってしまいましたが、その分、観て下さる時間がもの凄く長く、作品1つ1つの説明にも耳を傾けて下さり、展覧会を存分に楽しんでいる印象を受けました。

ミューズの夢の活動の一部ではありますが、皆様に知ってもらえる展覧会になったと思っております。