ミューズの夢 | 「ミューズの夢オーケストラ」3年連続で賞を受賞
ハンディを持つ子どもたちのための 音楽と創作アート教室
仙台, 音楽教室, 障害, 子供, 子ども, 障がい, ハンディーキャップ, アート, 芸術, ミューズ, ミューズの夢
16994
post-template-default,single,single-post,postid-16994,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

「ミューズの夢オーケストラ」3年連続で賞を受賞

2017年11月11日(土)仙台銀行ホール イズミティ21大ホールにおいて開催された第23回「ピュア・ハーツinせんだい」に「ミューズの夢オーケストラ」が出演、観客の心を震わせる演奏を披露し、感動賞を受賞しました。これで、3年連続での賞の受賞となり、自身の持つ連続受賞記録を2から3へと更新しました。

「ミューズの夢オーケストラは明らかに他とは違う次元でのパフォーマンスを追及している」(60代女性)

「継続は力なりとはいうけれども、3年連続出場、3年連続賞を受賞することが出来るのは、団員はもちろん、指導された先生方、保護者の方々のご理解・ご協力、理事の方々の運営力、そして、それを支えているスタッフ・会員の皆さん等、ミューズの夢に携わっている方々の総合力の勝利と言っても過言ではない」 (40代男性)

等々、沢山のお褒めの言葉を頂きました。

まだまだ、進化を続ける「ミューズの夢オーケストラ」。今後の活動にも目が離せません。