ミューズの夢 | 平成29年アートクラス展覧会✨
ハンディを持つ子どもたちのための 音楽と創作アート教室
仙台, 音楽教室, 障害, 子供, 子ども, 障がい, ハンディーキャップ, アート, 芸術, ミューズ, ミューズの夢
16937
post-template-default,single,single-post,postid-16937,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

平成29年アートクラス展覧会✨

去る3月28日(火)~4月2日(日)に電力ビルグリーンプラザ プラザギャラリーNORTHにおいて、4回目となる「NPO法人ミューズの夢 アートクラス展覧会」が開催されました。創作アートコースに在籍する6人の生徒さんたちが一年間を通して創作した作品が展示され、540名もの方々が作品をご覧になり、盛会に終えることが出来ました。

今年は油絵に挑戦しました。一度絵を描き、乾いた後、更にその上から絵を描くという作業は、完成したと思った作品を壊すようで抵抗のある生徒が何人かいました。しかし、その気持ちを切り替え、上から絵の具を塗れた時は、自分の壁を1つ乗り越え、着実に心の幅を広げていってると感動しました。

また、発泡スチロールを土台にして、生け花で使用するオアシスにストローやらビーズやら色々なものを刺しては繋げて、紙粘土の作品をくっつけてという風に創った作品は、同じ材料で創ったとは思えないほど十人十色の作品になりました。メルヘンの世界と名付けたそのコーナーは、見ていた子供が親に「触ってもいいの?」と聞いてしまう程、人を引き寄せ、思わず手を伸ばしたくなる大人気のコーナーとなりました。

自宅で個人レッスンを受けている生徒さんの作品も目を奪われました。漫画家志望ということもあり、素人のレベルを超えていました。描いたキャラはオリジナルということに驚き、女の子を描いた絵の背景が「滝」であることに驚き(自分の硬い頭では一生そんな発想にはならない・・・・)。

他にもたくさんの作品を展示しました。一つ一つの作品に一つ一つのエピソードがあります。そんな作品を沢山の方々に観ていただいたこと、ミューズの夢の活動を知ってもらえたことを、本当に嬉しく思っております。

最後になりましたが、展覧会を開催するにあたってご協力頂いたすべての方々本当にありがとうございました。